ロード中...

新着情報

作成日時: 2014/03/13 女性の一番の性感ポイント

女性の一番の性感ポイント
 クリトリス, Gスポットは知っていてもボルチオ性感帯は知らない人が多いと思います。しかもボルチオ性感帯が最も感じられて、何度も絶頂を迎えたあとのエクスタシーでは、失神する話をよく聞きます。子宮口、膣の奥にある性感帯が、ボルチオ性感帯。膣口から子宮口にかけての長さは人それぞれです。

具体的には、膣の中に注意深く指を入れていくと、コリッとした感触のものに当たるのがそれです。妊娠経験のない人は、そこが固く閉じています。何度かお産を体験した人は少し軟らかめ。一般的に性体験の少なかったり、お産経験のないコリコリの強い人は子宮口を強く突かれると痛いと感じる傾向があるようです。

ボルチオ自体は鈍感で、つまんでも痛みはほとんど感じない部分です。開発されるとボルチオ性感帯を軸に子宮を初め膣全体や内臓が感じるようです。ただ挿入してピストン運動を激しくするだけじゃなく、上下左右、かき混ぜるなどの動きを加えて女性器全体を刺激しましょう。開発を望むなら、バイブをつかうのもよい方法です。女性の心と体を十分に理解した上で行ってください。

(E)女性のオーガズムはゆっくり時間をかけながら上昇していきますので、あらゆる性技を駆使し全身の性感帯を活性化させ最後にはボルチオを中心とした3大性感帯を刺激することにより、はるかに強い失神するほどのオーガズムに到達します。

ポイント体位でいうと四つん這いになって腰を高く持ち上げるバックスタイルのような体位、高く足をもちあげ彼の肩に足を掛けるスタイルの対向女性仰臥位が奥までペニスが届きます。ボルチオはすごくデリケートです。でも、多彩で七変化の感触にダイレクトに反応します。

男性のペニスではこのような七変化の動きをすることは、難しく指を使って繊細に‥時には激しく、時には大胆に優しく、また予測不可能な新しい動きをするなどして女性を昇天させます。そして一番大事なのは女性の一番の性感ポイントをすぐに発見し、そして逃さないことです。

作成日時: 2014/03/13 媚薬を服用した後の秘密

媚薬を服用した後の秘密
私はずっと媚薬が女の体に対する微妙な信号を探していました。今日は幸運なことに皆さんと少し交流したいと思います。女性が媚薬を服用するのは、若い女性のほうがより効きます。40歳以上の女性は性欲が遅いから、相手の情熱なモーションが必要です。



一般の女性は媚薬を服用して顔が赤くなり、呼吸も速く、下は水が出来きて、熱くなり、とても性愛が欲しくなります。でもより矜持する女性もいるから、あまり表現しないです。だから、彼氏からモーションをかけたら更に効き目があります。

この時、男性は女性の性感帯を少しずつ開発したら、女性に全身も性感帯になったような快楽を与えることができます。こうなったら、お互いに体を擦るだけで1つになれた気分になります。彼女にもっと絶妙な世界へ行かせよう!

作成日時: 2014/03/13 媚薬の主要成分は人体が分泌するある興奮ホルモン

媚薬の主要成分は人体が分泌するある興奮ホルモン
媚薬を服用した後、どんな反応があるか?これはよくある質問で、今日は皆さんにご紹介したいと思います。



媚薬の主要成分は人体が分泌するある興奮ホルモン(このホルモンはセックスでは必ず)であるため、この女性用媚薬は人に害がなく、服用したら、短時間でセックスする前の状態になれる(平滑筋のリズミカルな収縮を促進し、膣の内分泌機能を強め、性的神経を刺激し、性欲を激発する)、これも媚薬を服用した後の反応である。


媚薬を服用した後の反応は大体下記の通り。顔が赤く、呼吸が速く、息が灼熱、視線が燃えるようで、身体中が熱くなり、女性の性欲を喚起するのにとても役立つ。この時の女性は情熱がほとばしり、膣がしびれて力が抜け、ドキドキして、下半身の分泌が増やし、とても欲しくなり、自ら抑えることができず、貴方のほしいままにすればいい。

作成日時: 2014/03/13 安全な天然の「媚薬」「惚れ薬」「催淫薬

安全な天然の「媚薬」「惚れ薬」「催淫薬

安全な天然の「媚薬」「惚れ薬」「催淫薬」は、男女にかかわらず、あなたご自身の体内で産生している「テストステロン」です。

テストステロンは、体内で産生される最も活性の高い男性ホルモンと言われています。性欲を亢進し、異性を惹きつける体臭フェロモンを発散して、あなたの積極性や性衝動を高め、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を促して、勃起を促すと言われています。

あなたが男性ならば、思春期からの数年間を思い出していただけますでしょうか。「女性を求めてナンパをしたくなる。」「ささいな刺激で直ぐにセックスを連想して勃起する。」「オナニーに耽ってしまう。」「女性とのベッドインに手練手管を講じる。」等々・・・、現れ方は人それぞれでしょうが、「あの頃の、あの感覚」がテストステロンの最も典型的な催淫作用のようです。

一方、女性の体内でもテストステロンは分泌していますが、女性のトップアスリートの中には肉食系の噂が絶えない選手がいるようです。

鍛え抜いた肉体ですから、自ずと人並み以上のテストステロンが分泌されて肉食系になるのは理にかなっていると思います。健康的な生活習慣を保ち、身体を鍛え抜くことが、男性に限らず女性にとって最も合理的で合法的な媚薬になるはずです。

作成日時: 2014/03/13 リンゴの媚薬効果、まじめな媚薬効果

リンゴの媚薬効果、まじめな媚薬効果

 前近代においては、刺激性物質の入っている食材が媚薬とされることがすくなからずあり、リンゴ、タマネギなど現代では一般的な野菜や果物も過去には媚薬扱いとされていました。ジョルジュ・デビュー他著『愛とセクシュアリテの歴史』には、リンゴを用いた古代バビロニアの性愛の呪法が紹介されています。

という反省を踏まえて、今回の媚薬の効果はリンゴについて探してみることにしました。この媚薬の効果はかなり身近ですよね、スーパーや八百屋さんで手に入れられますからね。媚薬の効果として、動物性香料を2つ紹介しましたが、そのオリジナルはかなり貴重で希少で手に入れるのは現在ではかなりムリがあり、媚薬の効果もなにもあったもんじゃないという感じでした。

そもそもリンゴに媚薬の効果があんの?という疑問が起こりますが、安心してください、リンゴには催淫作用があるといわれていたのです。催淫作用があるといわれていたというところが、また微妙ですね~。まあ、エデンの園でもアダムとイブがリンゴをかじって、神様から楽園を追い出されているし、ギリシャ神話でも愛と性の象徴としてリンゴが出てくるので、この媚薬効果はイメージ的、暗示的なものが大きそうです。信じるものは救われる的な媚薬効果でしょうか?

でもリンゴの媚薬効果、まじめな媚薬効果的なものもありそうです。まぁ媚薬効果的というところが、これまた微妙なんですが、それは利尿作用なんです。そうオシッコがしたくなるということ。なんで、媚薬効果とオシッコが関係あるの?ということなんですが、要はオシッコしたくなるということは下半身に意識が集中するということなんで。これはこれで媚薬効果として○なんですね。利尿作用で媚薬効果をうたっている媚薬ってけっこうありますから。

作成日時: 2014/03/13 Gスポットと潮吹き

Gスポットと潮吹き
女性器の性感はまず、クリトリス、ヴァギナ(膣内)、ポルチオ(子宮口)という段階で順に目覚めて行くといわれています。
クリトリスは年齢に関係なく、誰でも気持ちよくなれる場所ですが、膣と子宮口はある程度経験を重ねてから開発されるようです。(中には、最初から感じられる女性もいると思いますが)
まず、ほとんどの女性が、最初の絶頂感を味わうのはクリトリスですから、当然SEX時の重要なポイントです。
だから膣挿入後もただピストン運動だけをくり返すのでなくて、挿入した状態で指や、あるいはローター等を使って優しく一緒にクリトリスも刺激するというのが最適です。

クリトリスでの絶頂感を知っている女性には次の段階として、ヴァギナ(膣内)で、感じられるように開発していきましょう。
膣内はもともと感覚の鈍い場所です。もし膣内が敏感なら出産の時に女性は大変です。鈍感に出来ているからこそ赤ん坊が通って出てくる事が出来るのです。膣内での性感帯は膣入り口と奥(子宮口の辺り)、そしていわゆるGスポットと言われている3カ所だけです。それも、経験を積んで開発されることにより段々と感じるようになり、最終的には究極の性感帯となりえます。
女性に聞くとクリトリスでしかイケないと言う方がいますが、ヴァギナの良さがまだ開発されていないだけで本来はどちらでもイケるはずです。

さて、表題のGスポットの話に入ります。
Gスポットとは、膣内に指を第2関節ぐらいまで入れて、ちょっと先を曲げてみると、指先にざらざらした猫の舌のようなものが当たるはずです。ここがGスポットです。ここを刺激することによって、俗にいわれる潮吹きをおこさせることができます。

潮吹きって何?と言われる方の為に、ちょつと説明を。
潮吹きとはGスポットを刺激することによって、オーガズム状態なった時、尿道口(膣内からと言う人もいますが私は尿道口だとおもっています)から大量の液体が吹き出す現象で、くじらの潮吹きに例えていいます。
これは、誰でもそうなる訳ではなく、女性の体質にもよると思います。それから男性のテクニックがいります。
潮吹きの女性の中でも、本当にくじらみたいにドピューツと吹き上げる人もあれば、ピッ、ピッとかわいく飛び出す人もあります。又、その時々の体調によっても変わるようです。
では潮の成分はというと、尿に近いものと言われているけど、尿にはない成分が入っていたり、愛液に近い成分が入っていたりと結局は、はっきりしないそうです。(私の考えでは尿と愛液の混ざったもので、人により、その時の状態により比率が違うんではないかとおもっています。大量にでると尿の比率が高いかな・・)
女性にその時の感覚を聞くと、膣のその部分が熱くなって、はじめおしっこを漏らすような感覚になり、その後アッと思った瞬間、ピュッと出てしまうといいます。その時の快感は、クリトリスでイク、オーガズムとはまた違った絶頂感があるということです。どうも潮吹きは男性の射精によく似た現象なのかも知れません。気持ちよさは男性の比ではないでしょうけど・・・
男性の中には、おしっこを漏らしたと言っていやがったり、淫乱女とうけとる人もいますが、まったく考え違いです。むしろ、感度の良さや、イカせられた喜びを感じるべきです。

それではどうしたら潮を吹かせられるかと言う話に入りましょう。
その前に一番大事なこと。
 女性の膣内はやわらかくすごくデリケートです。
  ①爪を切り、丁寧に磨いておくこと。
  ②手を清潔にして、きれいに洗っておくこと。
  ③愛液の少ない女性にはローションを使うこと。
 以上3点は絶対に守って下さい。

潮吹きの方法を順序だてて説明します。
 1.すぐにGスポットを攻めても無理です。潮を吹かすには先ずその前にクリトリス、大小陰唇、
   膣内などを充分に愛撫し絶頂感を女性に与えられるだけの状況にしておいてから始めること。
 2.体位は寝た姿から上体を45゜位起こした形が、一番潮が吹きやすいとおもいます。
 3.膣内に指を第二関節ぐらいまで入れて、Gスポットのポイントをさがす。
   指は1本、2本どちらでも良い。
   指先をちょっと上に曲げて探るとざらざらとしたところが見つかります。そこがGスポットと
   よばれる場所で、ゆっくりと刺激してあげます。
 4.そうすると、Gスポットのさらに奥にある膀胱が刺激されて、膀胱の中にあるゴム鞠みたいな
   ものが膨らんでいるような感触があるはずです。この膨らみを感じたら、
   すかさずそこを刺激します。
   膨らむまではゆっくり下から押し上げる感じで。最初から強くやっても痛いだけですから
   柔らかく。
   だけど、膨らみ始めたら、スピードアップします。ここでイッキに指を振動させて下さい。
   できるだけ早く。腕がしびれるくらいやってください。
   (普段から練習して下さい。いかに早くこすれるか、これがポイントです)
 5.そうするとどんどん膨らんできます。一度ガーッとやって膨らんだなと思ったら、動きを止める。
   そして、またゆっくりと始める。だんだん早くして、最高速にする。
   この繰り返しを2,3回続けます。
 6.そうすると、その部分がパンパンに膨れてきますから、ここと思ったら一気にフィニッシュまで
   持っていきます。(ここまでくるのには時間にして5分~15分位かるとおもいます。
   結構重労働です)
 7.いざイクというときにさっと指を抜きます。
   これで女性はオーガズムとともに、ピューッと潮を吹きます。通常、痙攣を起こしたような
   状態で3~4回潮吹きを繰り返します。

くどいようですが、女性の膣内は、大変傷つきやすい所です。
かなり激しく指技を使いますので、くれぐれも傷を付けることの無いように最大の注意を払って下さい。
それから、総ての女性が潮を吹くとは限りません。むしろ吹かない人の方が多いと思います。
男性のテクニックにも起因しますし、女性の体質にもよると思います。
あまり無理をせずに、女性が苦痛を訴えたら中止しましょう。
もう一つ、膣内には最高、そして究極の性感帯といわれていますポルチオ(子宮口)があります。
膣の一番奥に位置する場所ですが、こちらもいずれ取り上げたいと思っています。

乞うご期待です。

作成日時: 2014/03/13 性交痛の克服で“結婚を機にセックスレス”の解消を

性交痛の克服で“結婚を機にセックスレス”の解消を

性交時に女性の膣が「濡れて」いなければ、挿入時に疼痛を訴えるのは必然的なこと。性交痛が性交嫌いやセックスレスの原因となる可能性も考慮すると、性交痛をなくし、性交をコミュニケーション手段の一つとして楽しむための環境を整える必要がある、と北村氏。

 では、実際にどの程度の女性が性交時に「濡れて」いるのか。「いつも濡れている」43.2%、「だいたい濡れている」42.4%の計85.6%が膣が潤滑している状態だった。一方で、性交痛については「いつも痛い」4.7%、「だいたい痛い」10.8%、「たまに痛いときがある」61.5%で、「痛みはない」と言い切ったのは23.0%のみ。

 膣潤滑と性交痛の関係を検討したところ、痛みを訴えるのは「いつも濡れている」グループで8.0%、「だいたい濡れている」グループで12.5%にとどまっていたのに対し、「全く濡れない」グループでは88.9%が痛みを抱え込んでいた。

 性交痛をパートナーに伝えているのは6割強に達していたが、痛みを伝えているにもかかわらず「いつも痛みを感じている」ケースも多い。北村氏は、性交痛による性的満足度の低下を抑え、セックスレスを助長しないようにする意味でも、膣潤滑剤を使用するなどの工夫、パートナーの理解・協力が必要だと指摘した。

 セックスレスを回避し、豊かな性の営みを楽しむために欠かせないと考えられるのが、パートナーが満足できる性交のための工夫だ。では、実際にどのような工夫が行われているのか。「特に何もしていない」との回答が約半数を占めてはいたが、残り半数からは、清潔を心掛ける、「愛している」などの言葉、エッチな言葉、照明や音楽などの工夫、酒を飲んで大胆に、下着に配慮、精力増強剤や勃起不全(ED)治療薬を使用などの回答が寄せられた。

 北村氏は「ちまたでよくいわれる“結婚を機にセックスレス”や少子化を抑える意味でも、性について正しく理解し、コミュニケーションの手段として楽しめるよう、皆で力を合わせていく必要がある。今後も調査を継続するとともに、そのデータを広く伝えて、積極的な議論の呼び水としたい」と強調した。

作成日時: 2014/03/12 勃起の種類

勃起には中枢性勃起と反射性勃起の2つがあります。 視覚や聴覚の刺激、精神的・心理的な刺激によるものが中枢性勃起で、女性の裸を見るなど性的な想像をすることで起こり、大脳皮質を経由して、性中枢、脊髄の勃起中枢に伝わり、勃起が生じます。反射性勃起は、マスターベーションやペッティングなどの物理的刺激を陰茎、陰嚢に与えたり、直腸、膀胱を刺激することで、脊髄の中にある勃起中枢が刺激されることにより起こります。


また、睡眠時に起きる夜間勃起は、一晩に3~6回あるレム睡眠期の間に起こるもので、目覚めた時がちょうどレム期に一致すると俗に言われる「朝立ち」として気がつきます。子宮内の胎児も、陰茎や陰嚢が、臍帯(へその緒)で刺激を受けて反射性勃起を起こすことがあるそうです。

作成日時: 2014/03/12 巨人倍増は早漏にも効く

巨人倍増は早漏にも効く

正確には、巨人倍増の成分に早漏を防止するものは入っていません。ですが、早漏に効果があるというのは事実です。これは巨人倍増を飲むことによりペニスが通常以上の勃起が起こり固くなることが重要です。ペニスは固くなればなるほどの感覚が鈍るため、通常時よりも刺激が弱く感じられ、飲まない時に比べ、射精までの時間が格段に伸びるのです。※個人差があります。

最先端の研究による分量比率

朝鮮人参、鎖陽、亀板等の有効成分を綿密に精査。精力増強剤としての ベストバランス配合を考案しております。これまで培われた知識、知恵がもらすことなく 生かされ、副作用を押えることにも細心の注意を払っています。

継続服用でサイズアップが可能に!

巨人倍増と通常の精力剤の大きな違いにサイズアップ効果が挙げられます。有効成分が睾丸中の有機化合物の働きを活性化し、成分が直接ペニスの海綿体内部に浸透し毛細血管を拡張します。血液の流入を促進し、睾丸の有機酵素含有量を増大、ペニスの硬さと太さを増大させるのです。

作成日時: 2014/03/12 女性の健康とホルモンホルモン

ホルモンは女性の健康と分けられない関係を持っていて、どうしてホルモンの様々な変化はいつも女性で手元(体)に表現するのがとても際立っています か? 食品はホルモンの重要な原因を補充するので、どうして多く黄色の食品を食べて、女性ホルモンの分泌がもっと多い助けがあることを促進することに対してか?


人体は75種類以上のホルモンを分泌して、それらは人体の中で各自の役を演じています。体内のホルモンの濃度の高い女性はホルモンの濃度の低い同い 年の女性より見たところ若くてたくさんです。21-22歳は青春の山頂の峰の時期にで、最も最高峰のの時期に分泌系機能です。25歳から、体内のホルモン の分泌がを量って10年ごとに下落15%のスピードが年々減らして、人体の各器官が組織して次第に老化する萎縮を始めて、皮膚は明らかに暗くて、精神はよ くありません。60歳の時、ホルモンの分泌量のただ若い時の1/5あちこち。


当店は主に女性の媚薬の製品を経営して、女性の性欲の冷淡にあしらうこと、女性ホルモンに対して不足して、無性の高潮、分泌物が病気が少なくてなど急所をずばりと言い当てる優れた効力があります。


媚薬のシリーズ商品は皆正規の品物で、効果的に女性の性欲を奮い立たせることができる、腟の異常なにおい、増加の女性ホルモンを追い払う、更年期を遅らせる、遅い更年期を抑える、抗菌の病気、引き上げの免疫力、増加の分泌物を抑える。